水商売をおススメする理由

朝営業のキャバクラで数時間ほど勤務

ちょっとの時間だけバイトしたいと思って、その先に選んだのはキャバクラでした。1時間の勤務でも可能というところでしたから、その求人に応募したんです。朝営業のキャバクラなんで、本業の前に数時間ほどの勤務です。前に夜のキャバクラに入店したことがあったんですけど、それに比べるとあまりうるさくないと言うかゆるい感じはあります。衣装もドレスじゃなきゃいけないわけじゃなくて自由なんで、私服での勤務も不可能じゃありません。学生の子なんかは学校行く時の服装でお店出てますし。気さくさ求めるお客さん多いんで、それに合わせてだとは思います。ただし待遇の方はゆるいということはなく、きちんと送迎も用意されてますしぬかりはない感じです。いっぱい指名を集めて大金稼いで有名になりたいって人には向かないお店だとは思いますが、ちょっと時給のいいところで働きたい人にとっては都合がいいお店だとは思います。閉店までお店に出てたとしても、ちょっと遅い昼にはあがれるわけですし。

女性画像

モチベーションが上がります

たくさん人生において先輩がいると思いますが、私としてはその中でも一番良い経験を教えてもらっているのがキャバクラのお客さんです。私をよく指名してくれる人は会社を三つも経営しているような社長さんだったり、プロのスポーツ選手だったりします。いろんな自分自身の知らない話をしっかりとしてくれますので、私が接客をしているときは逆に接客をされているような感覚にさえなってしまいます。それくらいに楽しい話を聞ける時もありますし、時には結構きつい時もあります。やっぱりお酒が入っているのでひどいことを言われるってこともありますからね。とりあえず働いていれば楽しいとは思いますが、キャバクラのアルバイトはある程度は目標をもっていたほうがら楽しく働けますよ。しっかりとした対応をしていれば間違いなくお金がたくさん入って来ますので普通の求人をみているのがバカバカしくなってきますからね。どんどん求人をみてモチベーションが上がるようであればバイトとして働くべきです。

送迎付きだから安心して稼げる

私がキャバクラでバイトしてみようと思ったのは求人の内容も気になったことと、もともとあまりお金に余裕がなかったことがきっかけです。求人に送迎ありと記載されているお店が当時通っていた専門学校の近くにあったことや、送迎してもらえるなら夜の遅い時間帯も安心だなと思ったので思い切って飛び込みました。始めのうちはライターに火をつけてタバコに火をつけることや灰皿の交換などから教えてもらいました。結構緊張していてお酒を作るときなどはお客様によってお酒の量を変えることもあるので気遣いが大変だなって感じてました。それもしばらくすると慣れてきて接客って本当に奥が深い仕事だなと考えるようになりキャバクラのバイトもやりがいがあるものだとわかってきました。確かに楽しいことばかりじゃないけど毎回勉強になるなと思ってます。個人的に1つだけ驚いたのはみんなのヒールの高さです。今まで履いたこともないような高さのヒールには正直驚きました。

気付かれずに節約できるストッキング

バイトしたいなって思ってて求人をネットで見てた時にものすごい数がヒットしたのがキャバクラの求人でした。個人的にはキャバクラのバイトってどうなんだろう?とか、自分にできるかどうかも不安だったんですけど、とりあえずって感じで始めたんです。いざバイトを始めると結構キャバクラの仕事は自分に合っているみたいでやっていけそうだなって感じていました。でも1つだけ気になることがあったんです。気のせいか毎日のようにストッキングが壊れたり伝線したりして買い替えていたんです。その費用も結構ばかにならなくてまたストッキング?という感じで悩むようになりました。あるとき偶然100円均一にいったらストッキングが大きなサイズしか売ってなかったんですね。それでも1つあればなんとかなると思って買ったんですけど、これが大きなヒントでした。ワンサイズ大きなものだと余裕で脱着ができるから壊れにくかったんです。しかも100円均一だからかなり節約できる方法を見つけてラッキーでした!